【使えるワンフレーズ集②】お客さまに失礼のない「お願い」の言い方

人に「お願いごと」をするのって、どうにも「言いづらさ」を感じることがありますよね。
相手がお客さまや、(社内の)目上の方である場合はなおさらです。

 

失礼のない「依頼」をするための、言葉づかいの4ステップ

丁寧かつ、相手の都合を尊重した「依頼」を述べるときの文章構造は、たったの4ステップです。

1. まずは「クッション言葉」でお声がけを

いきなり「~~してください。」と言うのは、なるべく避けます。
お声がけするときの第一声は、ぜひ「お忙しいところ恐れ入りますが……」などの「クッション言葉」で! 「お忙しいところ大変おそれいりますが・・・」等の一言で、印象ががらりとよくなります。

【あわせて読みたい】
【使えるワンフレーズ集①】主張がやわらかく伝わる!「クッション言葉」をマスターする

2. 納得して「依頼」を聞き入れてもらうための、理由・状況を述べる

ただ「~~してほしい」旨だけお願いされると、何となくモヤッとしますよね。
明解かつ合理的かつ明解な理由・事情を一言、ご説明しましょう。
納得でき、かつ聞き入れることが自分に利をもたらすと思えるものであると、なお望ましいです。

3. 本題:「依頼」の内容を述べる

命令形(「~~してください。」など断定する言い方)ではなく、「疑問形」を使うのがポイント!

▼マイルドに聞こえる、「語尾」のワンフレーズ
・「~~していただけますか?」
・「~~いただいてもよろしいでしょうか?」
・「~~いただくことは可能でしょうか?」
・「~~いただきますよう、お願い申し上げます。」……命令形の表現でも、こう付け加えるとさらにマイルドな印象に。

4. 「感謝・念押し」の一言で〆

「依頼」を呑んでいただけた後は、それに対する感謝の意を忘れずに伝えましょう。

▼基本的な「感謝・念押し」のワンフレーズ
・「何卒よろしくお願いいたします。」
・「ご理解(ご協力)をいただき、誠にありがとうございます。」

【ワンフレーズ事例】構造にしたがって、失礼のない「依頼」を述べてみよう

▼書類にサインをしてほしい。
⇒「お手数をおかけして恐縮ですが、お申込みに際してはこちらの同意書が必要となります。内容をご確認いただいたうえで、サインをいただけますでしょうか。」

▼店が混雑してきたので、席に詰めて座ってほしい。
⇒「申し訳ありません。現在たいへん混みあっておりますので、詰めてご着席いただきますよう、お願いいたします。」

▼電話先の声が聞こえないので、もっと大きな声でしゃべってほしい。
⇒「申し訳ございません。お電話が遠いようでして(※)、よろしければもう一度、お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。」

※実際は「相手の声が小さくて聞こえない」という場合も、その旨は言わないようにします。
「相手方に非がある」ように聞こえる表現はなるべく避けるのが、ポイントです。

おすすめリンク

ビジネスマナー研修

コミュニケーション研修ラインナップ

お客さま応対スキル向上研修 対面での接客プロを目指す編(半日間×5回)

【公開講座】<徹底実践>(半日研修)ビジネスマナー研修~言葉遣い・電話編

【公開講座】アサーティブコミュニケーション研修

【講師派遣】コミュニケーション研修 ~伝えにくいことを伝える実践編(1日間)

BtoC/BtoBの接客・接遇マナーから、ビジネスコミュニケーションのいろはまで。
お客さまとの関わり方に迷うあなたに贈る、「お客さまに選ばれる」ための接客・接遇スキルアップを応援するWEBメディアです。

to top