一生懸命話しても納得してもらえません。(後編)【お悩み相談室】

■今回のお悩み相談

 私はなぜか、相手に納得してもらえるような話ができません。相手の反感や疑問を解消し、納得に導く話をするためにはどうしたらよいのでしょうか。 (家電量販店・販売員)

 

お悩み相談(前編)では解決策1をご説明しました。

今回は、解決策1で得た相手の情報を踏まえた上で、議論の説得力を増すヒントをお伝えします。

解決策 2.  机上の空論にせず、話のスジを貫き通せ!

論理的に相手を納得させるのが苦手な人の特徴の二つ目は、「話のスジが通っていない」ことです。議論が脱線する大きな要因として、事実と意見が混同している場合があります。

(1)事実と意見を区別する ~議論を空中戦にしない
論点がずれてきた、見えなくなってきたと感じたら、まず「客観的な事実」「主観的な私の意見」を分けて、整理してみましょう。事実と意見を混同してしまうと、議論が混乱する、本論とはそれたところで論理の穴をつかれる、といった恐れがあります。

事実であること、意見であることをわかるように、発言します。

【事実】「○○の統計資料によると、・・・」
【事実】「○○法の規程によると、・・・」
【意見】「私見ですが、・・・」
【意見】「今、思いついたアイディアですが、・・・」

(2)自分の経験を活用する
自分の意見/アイディアの発想に至った具体的なエピソード/経験談を付け加えてみましょう。
主観的な意見だと、現実味の薄い、机上の空論・理想論といった印象を抱かれてしまい、同意や納得が得られないケースもあります。この場合は自身の経験談を加えることでアピールポイントがより鮮明になることがあります。

【例】「先日子供と遊園地に行ったときに○○カメラのシャッター機能を使ってみたのですが・・・」

(3)第3者の意見や経験談を付け加える
第3者の意見や経験談は、論理を補強する何よりも強い材料になります。他者の視点からのエピソードを紹介することで話の信頼性を高めることができます。

【例】「実は、同様のお悩みを抱えてらっしゃった他社さまでは、弊社のサービスをこんな風に利用していただいています」

解決策 3.  合意・納得にいたらなくても、感情的になったら負けと心得よ!

解決策 1. 2 でも議論が結論に至らなかった場合、論理的な説明が苦手な人は、コミュニケーションに失敗したと諦めがちです。しかしこうした感情的な後悔に終わらせず、客観的に論点を分析・整理し、問題解決につながる代替案を提示することで、合意への歩み寄りが促せます。

事前に準備してきた情報や論理で結論に至らない場合は、

① 合意/納得してもらえる点とそうでない点を明確にする
② 合意していただけない点は、どんなふうになったら合意いただけるか、代替案を提示する

【例】「この点についてはご理解いただけましたでしょうか。これまでの説明の中で、懸念のある点がございましたら、何なりとおっしゃってください。」
【例】○○さまのご意見はごもっともです。その点については、~~~~としたいのですが、いかがでしょうか」

ビジネスの現場では、いつもこちら側の主張が受け入れられるわけではありません。そういった場合でも、論点を一つずつ明確にし、それぞれの点について合意を見出していくことで、次につなげることが大切です。

【まとめ】
いかがでしたか。上記のことはトレーニングすることで向上します。
「言いたいことがすぐ分かる」内容にすることが最も重要です。カタカナ語や漢字を多用せず、「うん、なるほど!」とすぐに思えるような、筋道立った説明を心がけましょう。

 

おすすめリンク

【公開講座】分かりやすい説明の仕方研修

【公開講座】説得力強化研修~ディベートによる能力開発

【公開講座】パワーポイントプレゼンテーション研修

【講師派遣】プレゼンテーション研修 ~基本編(1日間)

 

BtoC/BtoBの接客・接遇マナーから、ビジネスコミュニケーションのいろはまで。
お客さまとの関わり方に迷うあなたに贈る、「お客さまに選ばれる」ための接客・接遇スキルアップを応援するWEBメディアです。

to top